糖尿病診療のご案内

1型糖尿病、2型糖尿病の診療を行っています。

糖尿病専門医、保健師、看護師が協力して、糖尿病の知識が身につくようなお話をさせて頂きます。

 

再診の方の場合、まず尿・血液検査を行い、検査結果(尿・血糖・HbA1c・血算の結果は10~15分程度ででます)が出てから診察を行わせて頂くことが多いです。

 

★糖尿病の診断★

糖尿病の診断のための75gブドウ糖負荷試験を行っています(明らかに糖尿病の診断がついているような場合には行いません)。75gブドウ糖負荷試験では、インスリン分泌能(自分のすい臓がインスリンを出す力)などもみることができます。

 

★糖尿病治療★

●1型糖尿病

すい臓のインスリンを作る細胞であるベータ細胞が壊れてしまい、インスリンを出せなくなることで起こる糖尿病です。そのため、治療の主体はインスリン治療となります。

1型糖尿病の患者さんに関しましては、安定している患者さんを受け入れております。インスリンの調整や場合によってはインスリンの種類の変更も行います。

当院では今のところインスリンポンプによる治療は行っていません。

 

●2型糖尿病

2型糖尿病の患者さん一人一人の病気の状態は異なっています。その患者さん毎に適した治療を考えていきます。

薬物治療として、内服治療に加え、インスリン治療(注射)、GLP-1受容体作動薬(注射)による治療も行っています。

2型糖尿病の方では、インスリン治療から、他の治療法への切り替え(インスリン離脱)を行える場合もあります。

 

ホームへ戻る