だいとく内科糖尿病クリニックでは主に以下のような疾患の診療を行っています。


●1型糖尿病、2型糖尿病

 

糖尿病の診断のための75gブドウ糖負荷試験を行っています。

薬物治療として、内服治療に加え、インスリン治療、GLP-1受容体作動薬による治療も行っています。

2型糖尿病の方では、インスリン治療から、他の治療法への切り替え(インスリン離脱)を行える場合もあります。

 

糖尿病専門医、保健師、看護師が協力して、糖尿病の知識が身につくようなお話をさせて頂きます。

 

●高血圧症(本態性高血圧症、原発性アルドステロン症など)

 

高血圧症の加療(生活の説明、内服治療)、必要により二次性高血圧(ホルモンなどの原因による高血圧症(原発性アルドステロン症、甲状腺機能異常、睡眠時無呼吸症候群など))の検索も行います。

 

●甲状腺疾患(バセドウ病、慢性甲状腺炎(橋本病)、甲状腺機能低下症、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺腫など)

 

甲状腺疾患の診断、バセドウ病や甲状腺機能低下症の薬物治療などを行っています。

バセドウ病の治療には、薬物治療以外に手術療法、アイソトープ治療があります。当院で手術療法やアイソトープ治療を行うことはできませんが、これらについても選択肢として説明し、治療法を選んで頂くことができます。

甲状腺超音波検査を行っています。

甲状腺疾患の説明は、日本内分泌学会の一般の方向けのページを参考にされるとよいと思います(リンクのページから見られます)。

 

●脂質異常症(高コレステロール血症、高中性脂肪血症など)

 

動脈硬化性疾患のリスクに応じて治療目標を設定します。

だいとく内科糖尿病クリニック診察室

●骨粗鬆症

 

骨密度の検査、骨粗鬆症の薬物治療を行っています。

 

●高尿酸血症、痛風

 

高尿酸血症にはアルコールなどの生活習慣が密接に関わっています。生活の指導、必要により薬物治療を行っています。

 

●睡眠時無呼吸症候群

 

簡易検査、持続陽圧呼吸療法を行っています。

 

●風邪、インフルエンザ、肺炎

 

インフルエンザ迅速検査、胸部レントゲン検査、血液検査による炎症反応(白血球数、CRP)の測定が院内で行えます。

 

●アレルギー性鼻炎(花粉症など)

 

原因がはっきりしない場合にはアレルゲン検査(血液検査)を行うこともあります。

 

ホームへ戻る