糖尿病診療についてのよくあるご質問

●受診は食事抜きで受診した方がよいですか?

:健診で異常を指摘されて受診される場合などの糖尿病や脂質異常症(高コレステロール血症など)の初診の方はできましたら、午前中に朝食抜き(お水はかまいません)で受診して頂いた方が検査結果を評価しやすいです(食事を食べて受診されても、診察は可能です)。再診の方で特に指定が無い場合や、午後に受診される方は食後でかまいません。

 

●2型糖尿病でインスリン治療をしていますが、インスリンを中止できますか?

:2018年11月開院~2019年9月21日の期間で、当院に転医されたインスリン治療中の2型糖尿病の方の半数程度の方がインスリンを中止できました(週に1回のGLP-1アナログ製剤の注射への切り替えも含みます)。紹介状や持参された検査結果などから早めにインスリンを中止できた方もおられれば、外来でインスリン治療を続けつつ、徐々に中止できた方もおられます。患者さんの状態によってインスリンの中止は難しいと考えられる方もおられますので、個々の患者さん毎に判断させて頂いています。

 

●1型糖尿病でも通院できますか?

:当院では、安定している1型糖尿病の患者さんを受け入れております。HbA1c 6~7%の方が多いですが、HbA1c 8%台の方もおられますし、HbA1cの値が指標ではありません。

当院では今のところインスリンポンプによる治療や持続血糖モニターを行っておりません。

当院では2型糖尿病の方の薬物治療については、積極的な見直しも行っていますが、1型糖尿病の方の治療については、安定している方の治療を維持することを中心に行わせて頂いております。

 

 ホームへ戻る